母乳が出すぎていたが、きちんと飲めるようになる頃には減ってしまった。

 

 

"切迫早産で少し早く産まれてきてしまったため、飲める量がとても少なく母乳がかなり余ってしまっていた。捨てるの何だか悲しいと思ったが、絞って余った分を捨てていた。

 

2か月ほど赤ちゃんは入院していたため、毎日絞った母乳を冷凍して届けていたが、赤ちゃんが手元に居ない状態での搾乳と、なかなか直接飲ませてあげられないストレスから少しずつ母乳の量が減ってきてしまった。

 

退院して沢山飲めるようになった頃には、半分以上人工乳を足さないと足りないくらい母乳の量が減ってしまったが、出が良くなる食材を積極的に食べ、マッサージをして授乳の合間に搾乳するなどして出が良くなるよう努力をしていた。

 

しかし本人が母乳より哺乳瓶に慣れているせいか、母乳を飲むのがあまり上手でなく直接飲むのをあまり好まなくなってしまい、少しでも母乳をあげたいと思い搾乳して哺乳瓶に移し替えて授乳をしていた。そのことでまたストレスを感じ、さらに母乳の量が減ってしまった。"

 

 

葉酸サプリを妊活中から飲み始めることは有名ですが、卒乳まで飲むことが大切というのはあまり知られていません。
葉酸サプリについて、正しい知識を身につけておきましょう。

 

育児中には、腰を痛めてしまう方も多くおられますよね。
腰痛の緩和などに最適と言われているマットレスとして、モットンがあります。
モットンが人気となっている理由にはどのようなものがあるのか、見てみることをおすすめします。

母乳が余っても気にしない。出なければ完全に人工乳に切り替える。

 

 

"初めての出産だったため、母乳が出過ぎてしまっている頃は出過ぎることに引け目を感じてしまっていたが、いずれ沢山飲むようになるのだから胸が張らないようにきちんと絞って、余った分は母乳石鹸を作ってみたり、母乳風呂に使ってみたり、あとは潔く捨ててしまうのが一番。捨ててしまっても新鮮な母乳がどんどん出てくるのだから、気に病むことはないのだと考えるようになり、気持ちが楽になった。

 

それでも少しモヤモヤした気持ちが残っていて、母乳の量が減ってしまったが、赤ちゃんは無事退院してすくすく育っているし、今の人工乳はとても考えられて作られているのできっぱりと母乳をあきらめることにした。何よりも、本人が人工乳を嫌がらずに飲んでいるし、授乳ごとに母乳をあげさらに人工乳をあげていると時間がかかってしまい、自分だけでなく赤ちゃんにもストレスがかかってしまうので良くないと考えるようになった。人工乳だけで育てている母親はほかにも沢山いるし、赤ちゃんにストレスを感じさせないことが大切だと頭を切り替えて解決することが出来た。"

こんな記事も読まれています♪